Contact(お問合せ・ご質問など)

Ota Tokyo & PN Italy
Office@lovecommunion.com

 

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black Instagram Icon
  • Black YouTube Icon

© 2016 Taolife All Rights Reserved 

 

August 29, 2018

瞑想を作業なんて!と、お叱りを受けるかもしれませんが。

瞑想を日常生活に取り入れることの計り知れない価値を加味し、これを書いています。

多分、私自身もその価値のほんの一部しか体験したことがないのかもしれません。

多くの人が新しい概念で新鮮に瞑想に出会える糸口になることと、何より、私自身も常に新しく空っぽであるために自分の感覚を言葉にしてみます。

最近、急速に流行している「マインドフルネス」という言葉は、アメリカの精神科医が、瞑想にある難しいイメージ、宗教的なイメージを取り払うために確立した概念です。何より、名前を付け直し、価値を再創作す...

August 21, 2018

日本でラブコーチです。って言うと、含み笑いをされることも多い。

でも、あらためて『愛』とか『ラブ』なんて言うと、

嘲笑したくなる感覚も実はわからなくもない。

私自身が、自分にある愛の感覚に対して

どれだけ無感覚で無自覚でいたかについて書いてみようと思う。

少なくとも、記憶のある18年前、『愛』だの『恋』だの言われても全然ピンと来ていなかった。

日常からはかけ離れているし、考えるのも面倒くさい。

その割には、自分の確固たる軸なんてまったく想像できないし、既に当時の記憶は怪しくなっているけれど、コンビニは、生活の中に染み込んでいた。

何かあったらコンビ...

August 20, 2018

ここでの魅力的なカラダとは何かを先に明確にしておこうと思います。ここでいうカラダは柔らかな発信体、であり受信体であるカラダをさします。例えば、インスタ映えするような現実離れしたカラダになるような技術のことではありません。

ここで言う魅力的なカラダとは、「考え」「思い」「イメージ」も含め自己表現をする際にそれを邪魔しないカラダのことを言います。つまり、表現者のためのカラダと言い換えてもいいかもしれません。

世の中に何かを表現して行きたい人。芸術家であれ、経営者であれ、ユーチューバーであれ、その表現したい対象が何であれ、表現者には、それをピ...

January 22, 2018

Newsletter(ウダラ公式メルマガ)で昨年末にお知らせさせていただいた、お年玉企画 コーチに何でも質問、

”ブログを読んでの質問、コーチングセッションへの質問、目標設定するための質問、コミュニケーション向上のための質問など読者の皆様がちょっと聞いてみたい、話してみたいと思っていることを実現するための時間です。”

ただいま終了しました。

年末の断捨離の中で思いついた企画だったのですが、配信後、すぐに満席になってしまい、受けられなかった方はに、申し訳ありませんでした。これからも時々、開催したいと思いますのでぜひ、諦めずにエントリーしてく...

January 20, 2018

昨夜の瞑想会は、寒さのあまり中止になりました。来るはずの参加者が来なかったというのが正直なところで、6年前にイタリアに来たばかりの私なら、がっかりしたり、少し怒ったかもしれません。

ただ、今回はお金のためでも何かの目的でもなく、ただ、思いつきで始めたイベントなので、ラサールとひとしきり踊ったあとは、マッサージタイムに使いました。今回は、2日前の瞑想会の話を少し書こうと思います。

今年初、小グループで瞑想会をしました。昨年末に夫のラサールから、「来年は、定期的に夜の瞑想会を開こう」という思いつきでした。瞑想のグループに参加したことのある方...

January 17, 2018

セルフマネジメントとは、自分自身を管理して統制することです。管理、統制なんていうと何だか厳しいという言葉のイメージを持つかもしれませんが、恐怖、不安、欲求などに振り回されず、行きたい方向に進めるようにするという意味で、必要な資質だと言えます。

今日、Reinventing Organization で言われる Teal組織という概念を目にしました。詳細の説明はこれがわかりやすいかなと思います。
ここから ご覧になれます。

ポイントは、

”ボスがいない自律分散型の組織。一応法律上会社の社長は存在するが、意思決定は必要な構成員がその場その場で...

January 15, 2018

日本にも、「とりあえずビール」という言葉があるようにイタリアには、アペリティーボという夕食を始める前にバールで過ごす時間があります。元々は食前酒という意味があり、ミラノから発祥して広がったようです。

日本の飲み会ほど、ビジネス的な要素は濃くありませんが、気軽に人脈を作ったり、情報交換をできる時間でもあります。この時間に最低でも20分、長ければ1時間ほどかけてから夕食がスタートします。

食事の時間そのものは、家族と楽しむという色合いが強いイタリアでは、アペリティーボが男女の出会いのチャンスでもあるようです。先日も、今、私が通っているジムの...

January 13, 2018

元旦のブログの第2弾です。
2018年前半に山登りをしながら「しなやかで弓矢のような芯」を身につけるための具体的な3大能力について紹介しました。

1)感情を抑制する能力(リンクもご覧ください)

2)変化を楽しむ柔軟性

3)現実を観察する観察力

今回は、2)の変化を楽しむ柔軟性についてです。新しい年を迎え、「今年こそは!」とやりたいことを早速始めてる人も少なくないでしょう。また、一方では変化はしたいものの何から手をつけていいかわからないという人もいるかもしれません。

何れにせよ、どんなに「現状維持のままでもいいや」と信じ込ませようとしても、生存...

January 11, 2018

ベッド販売の説明会があると言うのでなんだか胡散臭いなと感じながら、大人の事情?!があって参加してきました。登場したのは20年前だったらきっと、トップセールスマンであっただろう見た目は完璧な紳士でした。

営業用のトレーニングをしっかり受けて来たであろうその営業マンが、巧みにパワーポイントを使いこなすその話し方は、隙もなく完璧なプレゼンだったのですが、この手の営業トークは、その場は盛り上がるものの、継続性がなく家に帰って来たら、興味が雪のように溶けて消えてしまった感覚でした。

私の勝手な憶測ですが、例えば、メラビアンの法則なんかが曲解されて...

January 10, 2018

瞑想は、覚醒への道を行くことを目的するため、そこには神聖なる質を伴います。一方、マインドフルネスは、ストレス解消、能力開発、ブレインフィットネスなど日常の生活に生かしていくことを目的としていると言う点に大きな違いがあります。

瞑想の発祥は、インド(ヨーガ)、回教(スーフィズム)、キリスト(祈り)などそれぞれ諸説ありますが、どれもが「死」の恐怖を克服するために生まれたのものと推察します。今より人類が森羅万象と強く繋がり、大自然への畏敬の念を持ちつつ神聖なるものとして粛々と執り行われていました。

1970年代にアメリカの心理学会が瞑想から宗...

Please reload

 
Please reload