Contact(お問合せ・ご質問など)

Ota Tokyo & PN Italy
Office@lovecommunion.com

 

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black Instagram Icon
  • Black YouTube Icon

© 2016 Taolife All Rights Reserved 

 

January 27, 2018

イタリアで、いつもちょっと不思議な男性が立っている交差点がありました。彼は、おそらく、日本で言うところの「変な人」、というか、私が住んでいた東京では、そういう人を見かけたら、無視して見ないようにするというのが常識でした。

なぜ、変かというと、彼は、交差点を通る人々、全員に手を振るのです。

ある日、義父が運転している車の助手席で、初めて彼を見たとき。

義父は、彼に向かって「クラクションを3回も4回も鳴らしました。

「ビービ・ビ・ビ・ッ、ビービ・ビ・ビ・ッ、ビービ・ビ・ビ・ッ」と。

私は、義父に対して「なんてひどい事をするんだ」と内心思いました。

...

January 24, 2018

色気は、出そうと思って自在に出せるものでもありません。色っぽさ=フェロモンが出ているということもよく言われます。「フェロモンを出すためには恋をしましょう。」という意見もありますが、「それができたら苦労はしないよ。」っていう話もその3倍ぐらいよく聞きます。

さて、何に色気を感じるかというのは、千差万別。定義するのは難しいし、何となく色気をだすハウツーなんて一生懸命取り組んでいる人がいたら、それはそれで興ざめだったりするかもしれません。

イタリア人男性は、どこなく色っぽいイメージがある気がします。ヨーロッパの中でも彼らは人気があるようです。...

January 15, 2018

日本にも、「とりあえずビール」という言葉があるようにイタリアには、アペリティーボという夕食を始める前にバールで過ごす時間があります。元々は食前酒という意味があり、ミラノから発祥して広がったようです。

日本の飲み会ほど、ビジネス的な要素は濃くありませんが、気軽に人脈を作ったり、情報交換をできる時間でもあります。この時間に最低でも20分、長ければ1時間ほどかけてから夕食がスタートします。

食事の時間そのものは、家族と楽しむという色合いが強いイタリアでは、アペリティーボが男女の出会いのチャンスでもあるようです。先日も、今、私が通っているジムの...

January 13, 2018

今年最初に紹介した3つの能力、今回は現実を観察する観察力をもう少し深く解説します。

1)感情を抑制する能力 リンクはこちら

2)変化を楽しむ柔軟性 リンクはこちら

3)現実を観察する観察力
です

現実を観察する観察力とは何か

現実を観察する観察力をアップするということは、どういうことなのでしょうか。観察するだけなら小学校の時に夏休みの宿題でやった「アサガオの観察日記」の経験もあるし、トレーニングなど必要ないのではと感じるかもしれません。

ところが大人になればなるほど、同じ出来事に対して、どう観察しているかは、千差万別で、人によって全く違っていま...

January 6, 2018

イタリアは、エピファニア(Epiphania)という祭日です。12月25日はクリスマスはキリストの誕生を祝う日として、また、子ども達の元へサンタクロースがやってくる日として、世界中で有名な日となりました。

このエピファニアは、キリストの誕生を祝って東方の三博士が贈り物を持って到着した日とされ、イタリアの祭日にあたります。そこで、登場するのがべファーナと呼ばれるホウキに乗った魔女です。一年良い子で過ごした子どもに甘いお菓子を、悪い子には炭を入れておくのだそうです。いたずら心溢れる魔女ですね。

ところがこの半世紀ほどでイタリアでも、赤白のコ...

December 4, 2017

 北イタリアならではのちょっと奥の手メニューをご紹介します。その名もピアディーナ(PIADENA)。エミリアロマーナ州ボローニャが発祥のピアディーナは軽食に向いています。あとは、女性のひとり旅にも最適。ピザ屋に入るとドーンと一枚出て来るピザ。一人で旅していたりすると結構、お手上げだったりします。カットしたピザを食べられるお店もあるけど焼きたてではなかったりします。

 ピザ屋は6€〜10€までが平均で、ピアディーナはファーストフード感覚で4€〜8€ぐらいの予算でフレッシュなイタリア食材を食すことができます。小麦粉、塩、オリーブオイル(ま...

Please reload

 
Please reload