top of page

人生の扉を開く5つの扉

LIVE COMMUNIONのご提案する人生の扉を開く5つの鍵です。

  1. 触れる(Touch):自分を制限するブロック、限界、エネルギーを浮き彫りにします。

  2. 表現する(Express):完全に表現されずに抑圧されているすべての緊張と痛みを解放します。

  3. 受け入れる(Accept):裁くことなしに、完全で無条件でオープンな心を通して、何でもただ存在させます。

  4. 深める(Go into detail ):現実を知覚します。自分が何ものであるかの純粋な感覚を知覚す ることを意味します。

  5. 成長する(Grow):使命を追求するために、自分自身を発見し、 創造性と可能性を表現します。


今回のフリートライアルでは、それらの一部を体験することができます。例えば、一つ目の鍵はTOUCH(触れる)です。シンプルに扉を開きたいならドアノブに触らなければその扉を開くことは出来ません。

ただ、ここでは「行動しなければ、人生は切り開けません。」と伝えたいわけではありません。「とにかく行動すること」を重要視する価値観は、数年前まで私の感覚を大きく支配していました。

その結果として、失敗や年齢を重ねるごとに自分の人生の可能性を限定し、自分でつくった狭い世界の中に自分を閉じ込めたままそれに気づかないでいたり、時にはすぐに行動できない自分を責めていることもありました。

ここで扱う五つの鍵は、全てあなたの内側への働きかけです。これらのプロセスは、これまでの古い価値観の自分のままで行動する前に、「自分の内面に向かう」という行為です。

この鍵を知らなくても、人生で何度か否応なく自分の内面に触れ、表現し、受け入れた体験がないわけではありません。予期せず突然やってきた自分の現実に大きなショックを受け、かえって成長できたという体験もあります。

それまでの自分からすれば、大失敗としか思えないような出来事だとしても、その出来事を通して、丁寧に自分の内面をプロセスしていくと、これまで感じたこともないような自分の姿を体験することになります。

ただ、この5つのプロセスを知る前までの自分は、ショックな出来事が起きてはじめて自分の内面に向き合うというループを続けていたように思います。ショッキングな出来事がなくても、自分の内面に向き合うことが出来ます。

何かの出来事に貼った「こういう自分」というレッテルを外し、丁寧に自分の内側をプロセスしていくと観たこともないような新しい自分の姿を体現することになります。そして、その体現があなたの人生を開いていきます。

この5つの鍵のプロセスを会得することで以下のような体験を楽しむことができます。

  • 新しい体験の前で、過去や古いパターンに影響されない。

  • 評価や執着することなく全てを受け容れている。

  • 特別な目的がない場合でも、その体験を通して成長する。

私たちは、自分に何が起きているかに純粋にプロセスしていくことに慣れていません。そこで今回のフリートライアルで、その体験を少しでも味わっていただけたらと思います。皆さんの参加をお待ちしています。


2月17日オンライン詳細はこちらからどうぞ。

Comments

Couldn’t Load Comments
It looks like there was a technical problem. Try reconnecting or refreshing the page.
bottom of page