top of page

コズミックエクスタシーをシェアするという任務について解説します

「どうして生まれてきたのか」に気づき、それを発信しようと思っています。ここ数年で、特殊なエネルギーの動きを知覚できるようになり、これまでの点と点、線と線がつながりました。


そのプロセスは生まれた瞬間から既に始まっており、小学校頃から深い眠りに落とされていた私は、コズミックエクスタシーどころか、まずは快感を感じることを許可するところから始まりました。


社会人になるとすぐに日本全国を行脚するという仕事が与えられました。ほんの2年間で日本全国ほとんどの都道府県を巡回し、英語もできないの海外出張に行かされ、楽しんでいるうちに売上げが上がっちゃうと言う謎の体験もその一つです。


2000年「あなたが元気になる情報発信基地」を始めた頃から、人類が元気になる要素を体験者として沢山体験させていただきました。

性や愛を探究することに促される途中で、この恵みを受けている真の意味に気づかされ、その能力を深めるトレーニングを続けたここ数年。そこで受け入れ難かったことは、自分が「人でなし」であることに気付かなければならなかったことです。


その自分を別の角度から眺められるようになった途端に新たな世界が広がりました。この時代に敢えて生まれることを選んだ同志たちが、真理に既に気づき、世界中でそれぞれの任務を喜んで遂行している姿に触れ驚きました。


その存在たちに出会えた喜びを感じると同時に焦りを感じました。その焦りの感情は、人でなしの自分が感じていることだとわかっていても、それに降参するために、仲間からの暖かいサポートが不可欠でした。


「お願い助けて!」て、こんなに言えないものかと自分でも感心してしまう程その壁は想像以上に厚かったです。「もう降参だぁ。誰か助けて。」と言えた頃から、様々な存在がわかりやすく近づいてくるようになりました。というか、やっとそのサポートを知覚できるようになりました。


おかげで「火事場の馬鹿力+アルファ」を何度も体験する機会に恵まれることになりました。言わばそれがコズミックエクスタシーです。というわけで、その情報を発信をすることにしました。


火事場の馬鹿力という言葉は、既に人類がその能力から切り離された時代に作られた言葉なのだと思います。非常事態に自分でも信じられないような力を発揮できるというアレです。人類は、本来それが通常モードなのです。というか、それ以上の能力が実装されている可能性があります。

最近、それらの体験を自分が楽しみ、それを発信することが、任務かもと思っています。ここに書いていることが今の常識から見ると変であり、怪しいだろうなぁということに自覚もあります。


でも、流石に変なのは信じ込んでいた常識の方だと認めざる得ない体験も続き、白旗を上げることにしました。そのセンスやコツを発信します。そんな贅沢な戯れに興味がある方は、一緒に遊びましょう。


ポイントは、秘蔵されているもう一つの存在を呼び覚まし、それで遊ぶことです。


市場には、私たちの脳を刺激する情報が溢れています。冒険ものなら、目指すべきものは黄金伝説や不老不死の媚薬、恋愛ものなら運命の出会い、戦闘系なら地球を侵略してくるものを倒し勝利すること。とかこれらの物語のどれでもありません。


また、ひたすら内側へ向かうこと。外側の世界は全て幻想とし、この世の憂いに振り回されずに静かに生きることとも違います。魅力的ですが、それでいいなら、わざわざ日本に生まれ、イタリアに移住する運びにはならないはずです。


内側の旅の末、世の中の嘘を暴くことに必死になったり、自分の道を進む人の妨害をすることに全く興味がありません。


この遊びは、贅沢な遊び道具を自分で磨き、それと戯れていく創造的な遊びです。あくまでも遊びなのですが、これまでとはスケールの違う遊びです。


ただ、任務というからには、「公」であることが前提になります。もしかしたら「私」がサポートになるのかもしれませんが、この辺りは好みで決めるのがいいかなと感じています。


今のところ私は、任務と私生活がしっかり分かれている方が任務を遂行できるような気がしています。なので、ここでは、これからも引き続き「UDARA」と呼んでいただけたらと思います。




UDARA インスタグラム

UDARA ツイッター






bottom of page