Contact(お問合せ・ご質問など)

Ota Tokyo & PN Italy
Office@lovecommunion.com

 

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black Instagram Icon
  • Black YouTube Icon

© 2016 Taolife All Rights Reserved 

 

December 24, 2017

最近、質問をたくさんいただくのでプロフィールUdaraについて書いて見ました。最初の質問は何人なの?ということで、日本人です。

(以下2013年のブログより)

隠すつもりはまったくなかったけど私のプロフィールのキャプションがUDARAであることをあるとき(2013年)、父は気がついた様子。夏に、LOVECOACH UDARAで再スタートして、この冬は、いろんなことが思い通りにしか運ばないことに自分でも驚きと喜びの日本滞在でした。

父は、「今度は名前がガラムマサラみたいになったんだね。かっこいいね。」と言った。

精一杯にやっとでてきた言葉なの...

December 22, 2017

躾にはお尻を叩くことさえ必要ない

こどもに躾する際、叩いてもこどもの行為を更生させるための何の効力も持たないという実験結果があります。なんと16万人のこどもを対象に50年間かけて行われた研究結果なのだそうです。

まぁ暴力はもってのほか、平手打ちしたところで子育ての上で全く効果は見られないそうで、躾の上にこどもを叩くことが正当化されるべきものではないということが明確になった訳ですね。

カッとなるのは防衛本能なのだから、しょうがないよと片付けしまうのも間違いであることがわかってきています。長い間、暴力は人間の本能の一部だと信じられてきた節があ...

December 20, 2017

心の中でモヤモヤとし曖昧にしている事を「言葉にする」と、そのエネルギーは意識や身体に、さらには魂に届くことになります。内側から紡ぎだされる言葉を受けとることで、自己肯定感を持てたり、ある時は恐ろしくなったり、喜びや勇気を与えてくれることもあります。

「言葉にする」には下記のようなプロセスがあります。

1)文字にする

2)声に出してみる(外耳で聴く)

3)人にわかるように伝える、

4)伝えた相手との間に何かが起きる

このプロセスを当サイトではラングエッジアートと呼び、コミュニケーションの道具としての言葉の使い方すなわち、事実、状況、意見、感情など...

December 19, 2017

セックスレスは、何の特別な理由もなく「1ヶ月以上性交渉がない」ことを指すのだそうです。そして、カップル双方が苦痛を感じない場合は問題とならないというものらしいです。セックスレスが苦しみなる根本には、相手は大して問題ではないと感じている一方で

苦しみを感じている側にとっては、命に関わるほどの深刻な問題であるという両者の深刻なギャップにあります。

セックスレスで悩んでいる人の多くは、性交渉が1ヶ月以上ないからなのではなく、温度差がある相手へのアプローチを繰り返すことにより、本人が自分に対する自信を喪失してしまうことや相手への深い失望感感じて...

December 18, 2017

評価は、気分次第で変化します。過去、現在、未来という時間軸を比較してみることは、

ほとんどの場合、マインドがその都度作り出している気分の賜物でそこには常に無意味な

比較の評価があるだけです。

心地よい気分の時に過去を思い出せば、過去は今より劣っていた様な気がするかもしれないし、気分が悪ければ、過去の方がずっとましだった様な気がするかもしれません。気分次第で過去、現在、未来を比較することは基準も、終わりもない競争です。

もし、世界が常に競争している様に見えたり、他人との比較に悩まされているならこの視点から物事を観ているからなのかもしれません。...

December 16, 2017

2014年の夏頃、サバイバルモードを意識化しない組織の崩壊について書いて記事について再度アップします。以下、転載します。(当時のUDARAメルマガより)

山登りに誘われ、往復6時間歩きました。膝ががくがくしながらも、9歳、13歳、15歳の少年と私のパートナー、彼らの保護者である2人のイタリア人男性という特殊なチームで歩きつづけなんとか完歩しましたw

今回、この変則的なチームの中で歩いていることで、自分の潜在的な能力が心地よく引き出される体験をすることが出来ました。特に印象に残ったのは最年少の9歳の少年。

【山登り=きつい】という概念が存在...

December 13, 2017

イタリアの中学に通って見て、自分の意見を聞かれる機会が多く、とても苦労しました。授業中は、すぐにテキストから脱線して自分のケースに当てはめて話さなければならなくなります。もはや脱線ではなく、それが授業だったんですが。

世界情勢に対する意見、日本人して、捕鯨をどう思うか、福島はどうなっているのか、将来はどうしたいのか、何故、イタリア語を学びたいのか、など日本語で答えることさえ、難しいことをどんどん聞かれます。

先生は、私が日本人であることで、興味を持ってその答えを聞きたいという部分もさることながら、人前で話すことや伝えることを訓練させてい...

December 12, 2017

あらゆる能力は後天的に成長する可能性を秘めています。なかでもバランス感覚は、何十冊本を読んでも体感が伴わなければ養うことができない能力です。VRの発達で、もしかしたら将来は部屋でもサーフィンの練習ができるようになっちゃったりするかもしれませんが、どうもこれには人間の固定化概念が追いついてないという現状もあるらしく当サイトでは、あくまでも現実とのバランス感覚にフォーカスしてみようと思います。

様々な現象を観察していると、個人の意志と関係なく、あらゆる物事はバランスをとることに意図があることがわかります。実際に体感として重みがある観念にも...

December 4, 2017

 北イタリアならではのちょっと奥の手メニューをご紹介します。その名もピアディーナ(PIADENA)。エミリアロマーナ州ボローニャが発祥のピアディーナは軽食に向いています。あとは、女性のひとり旅にも最適。ピザ屋に入るとドーンと一枚出て来るピザ。一人で旅していたりすると結構、お手上げだったりします。カットしたピザを食べられるお店もあるけど焼きたてではなかったりします。

 ピザ屋は6€〜10€までが平均で、ピアディーナはファーストフード感覚で4€〜8€ぐらいの予算でフレッシュなイタリア食材を食すことができます。小麦粉、塩、オリーブオイル(ま...

December 2, 2017

 2018年を迎えるにあたり、完了するべきことをまったく個人的か観点から考察してみようと思う。2000年以降、私の個人的な興味関心は、「あなたが元気になる」ということへとひたすら向かっていった。それは、私自身が元気になるということでもあった。その興味関心が、特に急速に身体へと向かっていったの2009年頃からだった。ひたすら体という神聖な場所に戻ることへと意識が向かい、そこにたくさんの時間を費やした。

 チャクラとかオーラなんていう今では当たり前のように使う人も増えた言葉を、その頃から今までになく使うようになり、そんなある日、生きている...

Please reload

 
Please reload